2016年10月30日 (日)

立ち戻る場所、これからのぼうけん

今日の長崎戦、勇人のプレーには胸が熱くなりました。
走る、攻める、奪う、がむしゃらに、何故そこにいるの?というところからシュート打つ。

途方に暮れそうになるたびに彼が忘れかけていたものを思い出させてくれる。

だからやっぱり、いつか、勇人の破顔一笑の顔が見たいです。


今年は昇格の可能性が消滅したらしいし、勇人の本当の笑顔はもしかしたらJ1に上がる時にしか見られないのかもしれないけど
若手の成長とチームの成長が一年通して感じ取れたら、勇人の背負った荷物が少しは軽くなるかしら。
これからもジェフが続くかぎり、ぼうけんは続いていきます。
これからも、勇人と共に今度こそ、オールジェフで、きちんと歩んでいきたいなと強く思った長崎戦でした。

2016年10月 8日 (土)

駄文の季節(今年もかよ!)

ホーム京都戦は自滅の三失点。
そして一点も返せず負け。

数字上は可能性が残ってるのかもしれないけど、
目の前で行われているプレーを見たら、
「あ、今期は終わったな」
悪いけどそう思いました。

コトバや気持ちでジェフが好き、諦めない、頑張るって
言ってくれるのは本当に嬉しい。
でも、プレーにその気持ちが出ていたのか、と考えると、
目の前の選手の動きにはそれを感じられなくて。

自滅なんてしたくてする選手はいない。
結果がついてこなくて、一番悔しいのは選手自身だし、
なんとかしたいって自身が思うのは本心だと思います。
でも、プロなんだから、そこはプレーで具現化させて
観客にむかって見せてくれなくちゃ。

勝敗がどんなでも、カテゴリーがどこでも、
私にとってジェフの観戦は
週末の生活の一部になっています。
自分の住んでるとこにプロクラブがあって、
休日に熱い試合が見れて、
リアルタイムで見れなくても結果をチェックして録画見て情報入手して
「いやー、やっぱりプロってスゲーなー!」って心を動かすことで週の句読点をつけて
それを経てまた平日、仕事したり日常生活したりしています。

今日の試合に関しては
京都の寄せの速さ(対ジェフ比なので実はそんなでもないかも)、
ボールをスイスイ持ち上がるうまさ(対ジェ・・以下略)と、
長澤選手、カラダつえー!、やっぱり北爪選手速いな!
・・・ぐらいしか心動く堪能ポイントがありませんでした。これじゃ句読点になりえない。

残念です。

自分が好きでこんな生活になってるんだから、スタジアムに行って金返せとは言わないけど、ちょっとこれはもう、今日っきりにして欲しいなと。

これから、どうこれが変わっていくのか、
それとも、いかないのか。


良くなって欲しいな。本当に。
どうやったらそれを手助けできるのかな。

選手が思ってるのより多分ずっと、
私はこのクラブが好きだから
来てくれた選手も自分も、楽しい気持ちになって欲しい、なりたい。
そう思ってます。

2016年9月26日 (月)

ラスト9

試合が終わってもしばらく更新しないでいると、戦術眼が自分よりずっと優れている方の分析記事や、想いを自分よりずっと上手に文章にできる方の記事があっという間にたくさん上がってきます。サポーターSNS親和性?!って、かなりジェフは上位にたってるんじゃないかしら。さっかりんなどでたまに対戦相手のページを見たりすると、数日前のブログが結構最新記事よりの場所に上がっていて、タイムラインの進み具合がずいぶんチームによって差がある気がします。
(それだけ書くネタに困らないのがジェフだということ?あらら)

とまあ今回も今更拙く自分の感想記事を載せてどうなるもんでもないしなあ、ということの醜いいいわけ文なわけですが。

とにかくこれでラスト9になってしまいました。
チームの成績に関わらず、誰かしら必ず移籍してしまうサッカークラブにおいて、このメンバーで進むのもあと一けた試合になってしまったということ。この時期はいつも、なんとなく寂寥感をもってゲームを見てしまいます。

チームの感じは今どんななのかな。不自然に緩くもなく、ギシギシでもなく、目指すものにまとまっていると良いな、そう思います。キチッと闘っていけばきっと何か見えてくるよね。

頑張りましょう!

2016年9月19日 (月)

久々現地観戦はドロー、山口戦

私用で2か月近く現地観戦できなかったので、久々のフクアリ。もうとにかくそれだけで満足してしまったと言っても今回過言ではないw

ちなみに長谷部監督に変わってからの現地も2戦目、フクアリではお初でした。
随分と攻め手がバラエティに富んできたなあ、と、ほほう!と感心しましたが、当方鈴木さんから関塚さんに変わった当初も「をを!縦にズバズバ入るサッカーってスゴイ!」と、ほほうとなっていたぐらいですので、私の感想はチームの強さとは別物、あてになりません。

山口はテンポが早く、こちらが少しでもボール出しに迷うと直ぐに狩りに来ていました。ファウルにならないスライディングが上手だし、ひとたび相手に渡って突破口があると見るやぽんぽんとゴール側に運んでいく。突破口を与えない限りずっとバックラインで保持しちゃ機をうかがっていたので、後半もそんな風に相手に綻びを見せないでおければよかったのですが・・・難しいですね。

試合中、そういえば完敗した山口アウェイ戦で、彼らは誰が出ても同じようにゴールまでの画を描いていると思ったことを思い出しました。良いチームです。しかし、当時はただただそれが羨ましいばかりでしたが、今回はだいぶ近づけてきてるのかなあ、と思いました。

今回みたいな長短のパスをして前に進むのであれば、トラップが上手であることは絶対必要条件になりますよね。
今回はあまり輝けなかった井出選手も含めてジェフの選手はそこらへん長けているんじゃないかと勝手に思っています。つまり伸びしろたっぷり?!

チームが、個人の総和ではなくそれ以上のものになれるんじゃないかという、ここ数年感じてこなかった種類のワクワクが私にはあるんですが、いかがでしょうか高橋さん?




2016年9月18日 (日)

久々に現地へ♪

現地観戦はおろか、天皇杯は中継もなく、しばらく更新もしておりませんでしたが、チームはその間連勝。

私としては長澤選手のワザがうまくハマってきた感がうれしいのと、きっちりクロスを上げられる前に潰しにいく守備、かたやあれ、これは川崎?と思うほど(大げさ?)中央でつなぐシーンやいろんな人の名前が実況で呼ばれるようになった攻撃をみるにつけ、なんともはや、監督が変わるって大きいことなんだなあ、などとホゲーと素人な感想を抱いている次第であります。

さて、明日はおよそ2か月ぶり?に現地にて観戦に赴きます。
せっかく良いものを掴みかけているチームのゲンを落とさないよう
成田のイケメンが明日こそゴールを決めることを楽しみにしっかり応援してきます!
相手も山口ということで、パス合戦の面白い試合になりそう。わくわく。

2016年8月24日 (水)

ツンデレw

上位チームで胸を借りるつもりの岡山戦はあれよあれよの完勝、2対0でした。

先週のあれがどうするとこうなるのだ!?と嬉しい驚きです。
守備は正直、相手チームとの相性がよかったこともあっだと思うのですが、それでも比嘉さんの労を厭わない走りは気持ちよく、それが選手全員の守備意識に伝搬してるように感じました。
また、何より気持ちよかったのは攻撃です。
フナヤマトエウトンのコンビネーションや、ズバッと出した長澤選手のフィード、さすがのアランダ選手や、菅嶋さん丹羽さんのうまい入れ替わりなど、たくさん動きの見せ場があって、見ててとてもワクワクしました。
選手たちが楽しそうにサッカーしてるのを見るのはやはりこちらも楽しいです。
名前を挙げた選手たちのレンタル加入率の高さに気づいてドキッとしましたが、今シーズン、もっともっと上手い事が続いて、どんどん選手の楽しい顔が見れるサッカーができますように。そしてそれが来シーズンも続いていきますように。
もうかなり昔のことになりますが、かつて6連勝したりしてたので、夏の終わりから9月にかけての印象って、今だに私の中では結構良いものがあります(実際ここ数年は全然そんなことないのですが・・・嫌なことはすぐ忘れている、という説もある)
今年も? お楽しみはこれからだ、ってやつでひとつ!お願いします。

2016年8月14日 (日)

真夏の三連戦

灼熱の八月三連戦、お疲れ様でした。

毎年、夏あたりからゲームの結果より自分の心持ちをどう置いて行くべきか自制するようなエントリーになっちゃうのがなんともな、と思うのですが、今年も例に漏れず(^^;;

うーむ。なんとかしようとしているのはとても感じます。
横浜FC戦、まだまだだよねと思いつつ、愛媛戦、無失点で嬉しい!とはいえそこまで改善してるのかなタマタマなんじゃ?とうがちつつ
北九州戦、新たなスタメンの躍動を頼もしく感じ
今日の熊本戦。
前の試合は10人になっちゃったことが功を奏しただけで、いざ11人いて守備するには、やることの整理と構築がまだまだだよねそりゃそうだよね、と現実を叩きつけられた感じです。
長い時間かかって少しずつ悪くなった身体のコリとか歪みとかは、長い時間かけないと完治しない、ということを鍼の先生に聞いたことがあるんですが、なんでもそうなのかもなあと思いました。

やりながらもがく、という色が濃くなった今季のリーグ戦の果てのオフが早くも不安になりつつ、その結末が少しでも明るくなるには今季の目の前の試合に、頑張るしかないんですよね。
相反するタスクの処理は大変なことだと思いますが、なぜ毎年こうなんだ?ってとこを本当に考えて、原因となっているところを辛抱強く解決する作業を、私たちの見えないところでフロントの皆さんもきっとやってると信じます。

とりあえず、次のスタメンを楽しみにすることにします。私は北九州の比嘉さん、すっごくすっごく良かったと思ったよ??


2016年8月 1日 (月)

新たな冒険

長谷部新監督の下の第1戦は嬉しい船山さんのゴールで先制するものの逆転負け。そんな簡単な話ではないってことです。

三ツ沢にはニャースもヤドランも山のようなズバットもいてポケストップもたくさんあってボールやら何やら色々ゲット出来たのに勝ち点はゲット出来ませんでした。

守備をどのようにシステマチックにするのだろうと思って見ていましたが、そりゃ数日で劇的に変わったらそもそも連敗なんてしやせんですね。

前目のサイドがボールを持つたびに「クロス上げさせんな!」と叫びましたが足技で交わされ、抜かれ、そもそもあんなに毎回サイドに展開されてしまう時点で辛かったです。

後半は向こうが勝っててペースダウンしたとも言えるでしょうが、前半みたいに自由にやらせず、逆に50分ごろはこちらのゴールに攻めてくる回数も多くてあともう一歩、というところでした。あの時間帯のところでもう一発船山が決めていたら、ようやくヒーローインタビューが聴けたのにと思うと悔しいです。

テレビで見直してないので俯瞰で見れていないのですが、選手が諦めないで最後まで戦っているのは現地で見ててよーくわかりました。負けたあとにゴール裏まで挨拶に来た時も、その悔しそうな目にチカラがこもっていたのを強く感じました。

私は長谷部さんの現役時代を知りませんので、彼の人となりやどのようなコーチングスキルがあるかを知りません。ただ、今は一試合で采配どうこうを論じる局面ではないし、シーズン始めやいわんや昨シーズンの良かった探しの結果と現状を比較してそれをただ憂いている場合でもないでしょう。
監督経験もない彼がどんな化け方をするのか、それはジェフの未来にプラスになるのか、まだまだ全部が未知数で、始まりなんだということを忘れないで、性急にならず感情に流されず、チームをめぐるぼうけんに帯同していこうと思います。


2016年7月25日 (月)

清水戦。一夜明けて(加筆)

テレビで見ててもこんなに脱力したので現地観戦の皆さんにはどれほどのものものであったかと。

第三者から見た劇場としては、両サポーターの応援含めてたまらなかったでしょうね。

落とし所としては、基本的にきちんと繋ぐのも、きちんとおさめるのも、きちんとシュートするのも清水の方が上回ってたから、土壇場でそれを出されちゃったと思うしかない。

私としては、
船山のコメントに力をもらい(成田の漢はここからだぜ!)
町田のコメントに、うーんやはりそうだったか、と頭を抱え(何なら町田コンダクターでピッチに君臨していいんだよ?)
なにより勇人の、今日が最後だと思ってピッチに立った、というコメントに、ココロがざわざわしています。彼には一番笑っていて欲しいのに。

誰か1人を貶すのは簡単だけど
チーム状況が良くないことで、悲しい別れが多くなるのを毎年身にしみて食らっているのは私たちではなかったか。
それを考えたらやるべきことはチーム全体への後押しだと思います。
がんばろう。


ーーーー

» 続きを読む

2016年7月17日 (日)

シビレる〜!町田戦

今シーズン一番行ってみたいアウェイスタジアムであった野津田でしたが、諸々予定の調整つかず、TV観戦。サタデーナイトマッチ、ということで放送時間もたっぷりでしたが最初から最後まで楽しめる内容になって嬉しいですし選手ありがとう!て感じです。現地観戦のサポーターもまさにシビレる〜!なゲームでしたね。

とはいえ、こんな痺れることになっちゃったのは明らかに町田の方が良い攻撃良い守備をしていたからであって、ワタワタオタオタ、相変わらず奪って1本目のパスとか、アタッキングサードのパスとかがズレる勿体無さが解消できない我がチーム。
この劇的な勝利はもちろん嬉しいんだけど、道はまだ半ば、いや半ば未満かも。
ここから調整を繰り返していくのが間に合ってくれると良いなと思います。

でも一度ベンチを外れた選手が諦めずに這い上がってくれるのは本当に嬉しいものですね。こういう生きた事例を目の当たりにして、今出れてないメンバーもしっかり準備をして、チーム全体で強い方へ強い方へと押しあがってほしいです。

最後に
観戦中、一番うーむと唸ってしまったのは、あのヤザさんがまったく違う精悍な顔つきになって、走る走る〜、になってたことでした。
チームカラーに見事に合わせたヤザワさんもさすがプロですが、きちんとやらせたチームは素晴らしいなと思った次第。

«ダブル食らった 水戸戦

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

twitterパーツ

無料ブログはココログ